心のダイエット方法

心のダイエットと3つの法則について

 

気持ちを軽くして、心の中のモヤモヤや不満などを解消するための心のダイエットをするには、次の3つの法則を常に心がけましょう。

 

八方美人にならない

 

人は人間関係において、誰からも好かれたいと思うのは、正直なところでしょう。しかし、他人が10人いたら10人とも違う考え方をしているものです。

 

例えば、あなたが良かれと思ってしたことであっても、他人は全員がそうだとは思ってはくれません。

 

ですから、あなた1人がどんなに努力したとしても相手次第で、自分1人だけでは良好な人間関係を作り上げる事は出来ないのです。

 

むしろ、誰にも嫌われず、誰からも好かれようとして、いつもニコニコと愛想笑いをしていたのでは、逆に誰からも信用されなくなるし、誰1人として深い人間関係を作る事は出来ません。

 

だとしたら、誰からも好かれる八方美人になることは諦め、嫌われる人には別に嫌われてもいいというスタイルでいいのではないでしょうか。

 

嫌われることばかりを恐れていると、敵はいないけど、本当の味方も誰もいないということになりかねません。

 

完璧主義にならない

 

完璧主義者っていう言葉を聞いたことがあると思いますが、完璧主義の人は、ちょっとした小さなミスでも許すことができず、いつまでも後悔したり悩んだりして苦しんでいる人が多いようです。

 

その完璧主義者にも、芸術家タイプとミスや失敗をとにかく嫌うタイプの2つがあって、芸術家タイプは、ミスしても次は成功しようとする向上心があるので、あまりミスを引きずりません。

 

しかし、ミスや失敗をとにかく嫌うタイプは、ミスを引きずり自己嫌悪にさえなる人が多く、いつまでも悩んでばかりで成功には程遠いことが多いようです。

 

つまり、このタイプの人は完璧主義者というよりも、他人に批判されるのが極度に嫌で、ミスすると逃げ出したいという人です。

 

では、どうしたらミスしても悩まずに心が楽になれるかというと、それは完璧主義にならないことです。

 

最初から無理をして100点満点を目指そうとするから、1点や2点のミスが気になって仕方ななくなるのです。

 

ですから、最初から65点で良いという気持ちで事に当たれば、ちょっとしたミスも気にならなくなるはずです。

 

想像で考えすぎない

 

人が思い悩んで逃げ出したいという気持ちになる時は、今考えなくてもいいような色々なことまで考え過ぎるからだと言われています。

 

今現在、目の前にある問題だけを考えていれば、そんなに深く思い悩むことも少ないのですが、ああなったらどうしようとか、たぶんこうなるかもしれないとかいった余計な想像ばかりを考えると、本来の問題さえも見えなくなってしまうことがあります。

 

起こった過去は変えられないし、この先の未来はどうなるかなど誰にもわからないのです。

 

ですから、わからない未来をあれこれ想像だけで考えすぎないで、今目の前にあることだけを集中して考えるようにしましょう。

 

以上の3つの法則を常に心掛けていれば、心の中の無駄なモヤモヤや不安、不満なども解消し、気持ちもずいぶんと軽くなりますので、心のダイエットにはとても効果がありますよ。